心理学検定のB領域とは?各科目の傾向と対策、勉強法まで丸わかり!

この記事では、心理学検定の『B領域』の科目について詳しくご紹介します。

B領域に指定されている5つの科目の内容や、それぞれの科目の傾向と対策までご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

全体的にA領域よりも難易度が高い科目ばかりですが、しっかりと勉強すれば誰でも合格することはできます。

そのためには、まず各科目の対策などを知る必要があるので、ぜひ最後まで記事を読んでB領域を効率的に攻略していきましょう。

心理学検定とは?

心理学検定は『一般社団法人日本心理学諸学会連合』が運営している心理学に関する検定試験です。漢検や英検の心理学版といえばイメージしやすいでしょうか。

心理学検定を受けるにあたって特別な資格は必要なく、誰でも受験ができる心理学の検定として毎年少しずつ知名度が広がってきています。

 

心理学検定は『大学卒業程度の心理学知識』があることの証明にもなるので、就職や転職、社内でのキャリアアップなどあなたの人生に大きなメリットをもたらしてくれることでしょう。

心理学検定の基本的な内容に関しては、以下の記事で詳しく解説しているので、「そもそも心理学検定とは?」という人は、まずは以下の記事を先にご覧ください。

 

心理学検定はA領域とB領域の合計10科目

心理学検定はA領域5科目とB領域5科目の合計10科目から成り立っています。

これら10科目の合格数に応じて、それぞれの『級』が認定されるという仕組みです。各級の取得条件は、以下の通り。

 

合格条件
特1級 A領域5科目、B領域5科目の合計10科目全てに合格
1級 A領域4科目を含む合計6科目に合格
2級 A領域2科目を含む合計3科目に合格
注意

心理学検定の特1級の取得には、上記条件に加えて『特1級の申請』が必要となります。(申請料3,000円)

たとえ全ての科目に合格しても申請をしないと特1級を取得できないため、全科目に合格したら忘れずに申請を行いましょう。

 

A領域は基礎、B領域は応用

A領域の内容は、心理学系のどの大学でも用意されている基礎的な心理学の科目です。

一方で、B領域の内容は基本的に心理学の中でも専門性が高く、心理学系の大学でも場合によっては用意されていない専門科目となっています。

 

ワンポイント

B領域にある『統計・測定・評価』は、心理学系のどの大学でも必修となっています。

ただし、心理学と直接的な関係があるわけではないので、B領域に含まれているものと思われます。

 

各級の合格条件に「A領域〇科目を含む〜」があるのは、A領域が基礎的な科目だからでしょう。

この記事は主に『心理学検定のB領域』に関する解説となっているので、A領域の詳細に関しては以下の記事をご覧ください。

心理学検定のB領域の科目

心理学検定のB領域に含まれるのは、以下の5科目です。

 

心理学検定 B領域の科目
  • 神経・生理
  • 統計・測定・評価
  • 産業・組織
  • 健康・福祉
  • 犯罪・非行

神経・生理

神経・生理では、脳内の神経伝達物質や神経内分泌系、心臓血管系の活動といった、定量的な指標をこころの現れとして扱います。

(引用:心理学検定 公式問題集2019年版)

『神経・生理』では、脳の構造や脳内物質、神経系などをはじめとした生理学的な内容が主に問われる科目です。

 

個人的な見解ですが、単純な暗記としては心理学検定の中で最も覚えるべき内容が多いため、かなり難易度の高い科目と言えるでしょう。

B領域の中でも特に難易度が高いという声が多いため、『神経・生理』の科目を受験する際は、いつも以上に時間をとってしっかりと勉強に取り組むことをおすすします。

統計・測定・評価

心理測定学の基礎をなすのが記述統計と推測統計です。記述統計は収集したデータが有する特徴を数値によって記述します。一方、推測統計はデータから得た結論を一般化できるかどうかを確率的に判定します。心理統計学では記述統計と推測統計の理論と手続きを学びます。

(引用:心理学検定 公式問題集2019年版)

「心理学の勉強が楽しくて仕方がない!」という人にとって一番の難関となるのが、この『統計・測定・評価』の科目です。

 

前述した『神経・生理』とこの『統計・測定・評価』の2科目を『最難関の科目』という声もよく聞くほどだったりします。

なぜなら、この科目だけは心理学と直接関係があるわけではなく、複雑な計算問題や数学的な知識が多少必要になるからです。

 

心理学の研究をするにあたって必須の知識ではありますが、この科目自体は心理学というより『統計学』といったほうが正しいでしょう。

計算問題なども出題されるため、事前の知識だけでは不十分で、公式をしっかり覚えて試験本番で使いこなせるようにするといった応用が必要な科目でもあります。

産業・組織

産業・組織心理学は、仕事場面への心理学の応用を目的に発展してきた領域です。その名称が示すように、この科目は産業心理学と組織心理学という、歴史的に異なる2つの心理学から成り立っています。

(引用:心理学検定 公式問題集2019年版)

『産業・組織』は、主に会社や組織と関連する心理学の領域を扱う科目です。リーダーシップに関する理論や、キャリアカウンセリングに関わる内容などを主に扱います。

 

2018年より日本でも働き方改革が公布されるなど、『働き方』に対して関心が集まっていますよね。

よって、『産業・組織』の科目を勉強することで、より働きやすい職場で仕事をできるようになったり、健康的に働くためのコツなどを学ぶことができるようになるでしょう。

 

また、会社で働く人だけではなく、消費者行動なども『産業・組織』の科目に含まれます。

マーケティング的な内容もこの科目に入っているので、マーケティングなどを勉強しているビジネスマンなら得意なジャンルかもしれませんね。

健康・福祉

健康心理学と福祉心理学は、心理学(行動科学)を基礎としてはいますが、異なる過去と背景を持ち、独自の発展を遂げてきました。健康社会・福祉社会づくりを目指す応用行動科学=応用心理学なので、相互に協力・補完し合う立場にあります。

(引用:心理学検定 公式問題集2019年版)

『健康・福祉』は文字通り、より健康的に生きるための知識や、社会福祉を心理学の視点から問う科目です。

ストレスマネジメントやQOL(人生の質)といった内容や、各種福祉制度などを主に扱います。

 

個人的な印象ですが、特に福祉心理学の分野では、制度や法律など覚える内容が多い暗記科目という印象です。

心理学というより、社会福祉学的な側面が強いので、こういった科目が苦手な人は念入りに勉強をするなどの対策が必要となります。

犯罪・非行

犯罪心理学は、あらゆる心理学の知見を犯罪(者)に応用する学問であり、時として法律学・社会学・経済学等の知見も応用するなど、非常に広範な知識が求められます。

(引用:心理学検定 公式問題集2019年版)

『犯罪・非行』の科目では、テレビなどでよく取り上げられる『犯罪心理学』についての知識が問われます。

 

『犯罪・非行』の科目は、基本的な内容を覚えることはもちろんのこと、それに加えて『201X年度の犯罪で〜』のようなその年の傾向を問われる問題も数多く出題されます。

こればっかりは、心理学検定の基本キーワードや公式問題集ではカバーしきれないため、自分で『犯罪白書』などを読むなどして知識を蓄える必要があります。

 

心理学検定の代表的な参考書だけではカバーしきれないという意味では、『犯罪・非行』もかなり難易度の高い科目と言えます。

B領域の個人的な傾向と対策

B領域の科目はどれも一癖あるものばかりなので、A領域のように『心理学検定の各種参考書』さえやればOKとは行きません。

個人的な考えではありますが、B領域の各科目の傾向と対策法をざっくりとまとめてご紹介します。

科目 傾向 対策
神経・生理 暗記の最難関科目 時間を多めにとって、しっかりと知識を蓄える
統計・測定・評価 心理学検定1の応用科目 基本的な知識を身につけたら、計算問題の練習をする
産業・組織 B領域の中では優しい方 A領域と同じ勉強法でOK。B領域では最も簡単
健康・福祉 法律や制度の暗記が多い 暗記で解けるようになるので、暗記に重点をおく
犯罪・非行 公式参考書だけではカバーしきれない 最新の犯罪白書を読んで、近年の傾向を把握

B領域の科目別勉強法

ここからは、僕が実際にやっていたB領域科目の勉強法についてご紹介します。あくまで僕にとってのやり方なので、参考程度に読んでもらえればと思います。

もしかしたら、一般的な心理学検定の受験者とは真逆の順番で勉強をしているかもしれませんが、学習心理学などの観点からすると以下のステップが一番効率的に知識を蓄えることができます。

 

B領域の勉強法について

以下で紹介する勉強法は、基本的にA領域について解説した記事で紹介したものと同じです。

そのため、すでに『心理学検定のA領域とは?各科目の内容から勉強方法まで完全解説!』の記事を読んでいる人は読み飛ばしていただいて構いません。

ステップ1 心理学検定 公式問題集に挑戦

一般的には、『心理学検定 公式キーワード』で知識を蓄えるところから勉強を始める人が大半だと思いますが、僕としては最初に『心理学検定 公式問題集』に挑戦するのがおすすめです。

僕の場合は大学で心理学を学んでいたこともあり、ある程度の知識を持っていましたが、初学者にとってもまずは『問題集』から始めるのが効率的。

 

もちろん最初は、ほとんどの問題が意味不明だと思います。でもそれでOKなので、とりあえず自分が受験する予定の科目に関しては一通り挑戦してみましょう。

最初に問題集から始める主な理由は『問題の出題形式を知ること』と『自分の現状を把握すること』です。

 

やみくもに知識を詰め込むのではなく、目的(合格)のために何が足りないのか/どれくらいの勉強が必要なのかを見極めることが合格への近道だと思いませんか?

 

ちなみにこれは余談ですが、勉強法に関する最高峰の書籍『脳が認めた勉強法』の中で、「全くわからなくてもいいから、最初にテストを受けてから勉強を始めると効率が上がる」という研究結果が示されています。

最初は実感がなくてつまらないかもしれませんが、騙されたと思ってまずは問題集から始めてみてください。

ステップ2 心理学検定 一問一答集B領域を完璧にする

問題集で自分が受験する科目を一通り解いたあとは、『心理学検定 一問一答集B領域』で基本的な用語についての知識を身につけていきましょう。

最終的には、一問一答集に掲載されている問題は完璧に答えられるようになるまで、繰り返し繰り返し勉強をします。

 

これは僕の経験則ですが、一問一答集を一通りこなすと、公式問題集の問題もある程度正答できるようになりました。

一方で、一問一答の内容を覚えただけでは答えられない問題があることにも気づきます。

 

ちなみに、一問一答のように一つ一つの暗記を積み上げて行く場合には、以下の記事で紹介しているような暗記方法を用いると記憶に残りやすくなるので、あわせて読んでみてください

 

ステップ3 心理学検定 基本キーワードで知識を詰める

一問一答だけでは答えられない問題としては、例えば知識を元に類推をして答えを出す問題や、いくつもの要素が絡んだ複合問題などが挙げられます。

こういったより細かい知識を詰めるために使うのが『心理学検定 基本キーワード』です。なので、僕の場合はこの本を『辞書』のように使っていました。

 

書いてある内容全てを覚えるのではなく、知らない問題に出くわした時に調べるためのツールという位置付けです。

 

『心理学検定 基本キーワード』は心理学の知識がとても詳しく記載されているのですが、詳しすぎて一から内容を全部覚えようとするとおそらく途中で飽きます。

心理学を一通り学んだ僕ですら、基本キーワードを読んでいると眠くなってくるので、初学者にとっては余計に途中で飽きることでしょう。

 

上記の手順で勉強を進めていると、おそらく『一問一答集』と『公式問題集』に関してはほぼ100%正答できるようなるはず。

そのあとに受験日までの最後の詰めとして、『基本キーワード』でより細かい内容を詰めていきましょう。

ステップ4 応用が求められる科目への対策

ステップ3まではA領域の勉強法と同じですが、B領域では上記の勉強法に加えて『応用問題』への対策が必要になる科目もあります。

具体的には『統計・測定・評価』と『犯罪・非行』の科目ですね。

 

これらは知識を覚えるだけではダメで、実際に計算問題を解いたり、直近の傾向を自主的に勉強しておく必要があります。

よって、B領域を勉強する際はA領域以上に『応用問題に対抗できる知識』を蓄えておかなければなりません。

 

よって、公式問題集以外の統計学の問題を解いたり、ネットで犯罪白書を読み込むといった『プラスアルファ』の勉強も時間と相談しながらやっておきたいところです。

心理学検定のB科目 まとめ

今回は、心理学検定の特にB領域について、内容や勉強法をご紹介しました。

B領域は一癖も二癖もある科目が並んでいるので、A領域以上に時間をとってしっかりと勉強することが望ましいです。

 

ただ、心理学検定を受験する人は基本的にA領域→B領域と受験しているはずなので、このB領域をクリアすれば晴れて『心理学検定特1級』の資格を取れるはず。

A領域よりも大変ではありますが、しっかりと時間を作って、B領域を攻略していきましょう。