読書内容を効率よく記憶する「正しい読書メモ」の取り方はコレだ!

読書の内容を効率よくインプット・アウトプットする方法として『メモを取る』というやり方があります。

しかし、あなたが知りたいのは、もう一歩踏み込んだ「メモを取るとどんなメリットがあるの?」「どうやってメモを取ればいいの?」といった具体的な内容ではないでしょうか?

 

そこで今回は、読書をする際にメモを取るメリットと役に立つメモの取り方についてご紹介します。

中には、一般的にやるべきと言われているメモの取り方を”やってはいけないタイミング”という過激な内容も含まれているので、『誰も教えてくれない正しい読書メモの取り方』をぜひ、あなたにも知って欲しいと思います。

読書の際のメモ活用

読書をする際に、よく「読書ノートを取りましょう」という話を聞くことがありますよね。

僕も本を読む際は、必ずメモを取ることにしています。

 

効率的に読書内容を記憶できるメモの取り方についても解説しますが、まずは読書においてメモをすることがどれだけ重要なのかをあなたに知って頂こうと思います。

読書内容をメモすることは、どのようなメリットがあるのでしょうか?

読書内容をメモすることで得られる効果

読書をしながらメモを取るなんて、時間の無駄なのでは?と思う人もいるかもしれません。

しかし、本の内容をよりしっかりと「記憶」したいなら、メモは必ず取るべきです。

読書内容をメモすることのメリットについて見ていきましょう。

記憶に残りやすい

読書内容をメモする一番のメリットは、なんといっても内容を記憶に残しやすくする効果があることです。

単純に考えても、メモをするという事は自分でメモを残す。つまり、主体的に本の内容にかかわる事を意味します。

 

読書内容をメモした部分は、自分で「お、これは面白い!」と興味を持った関心の高い内容のはず。

その部分を漠然と読み流した場合と比べて、圧倒的に記憶に定着させることができます。

アウトプットに繋げられる

読書をする際に、本を読んでお終いにしてしまうのは非常にもったいないです。

 

本を読む目的は、「実生活に活かすこと」なはずです。 ですが、メモを取らないと本を読んだことに満足してしまい、その本の中でためになった内容を実際に使ってみようという発想になることはあまりありません。

また、本を読んでいる中でこの発想は面白いから実践しようと思っても、本を最後まで読み終えた頃にはすっかり忘れていることも多いもの。

 

このような勿体ないことをしないためにも、読書をして実践したいと思った内容はその都度メモっておくとアウトプットにつなげやすくなります。

読み返しがしやすい

メモを取っておくと、その本の内容などが記憶に残りやすくなるので、その本をのちに改めて読む際にすんなりと読み返すことができます。

以前メモを取った部分、つまり「過去の自分が重要だと思っていた部分」と、成長した今の自分が興味を持った箇所を見比べるのも面白いでしょう。

 

メモを取るもう1つのメリットとして、その内容を詳しく読み返したいときに、どの本のどこらへんに書いてあったかもすぐに思い出せるということがあります。

一度読んだ本の内容は絶対に忘れないという驚異の記憶力を持つ人でもない限り、読書内容はメモをしておいた方が便利です。

メモを取りながら読書するのは非効率?

では、具体的にどのようにメモを取ったらいいのでしょうか?

本を読みながら同時並行で読書内容をメモする人もいますが、正直これはあまり上手いメモの仕方とは言えません。

 

ここからは、本の内容をより記憶に残し、実践しやすくするための「正しい読書メモの取り方」について解説します。

初見の読書でメモを取ってはいけない

この見出しを見て、「え?」と思ったかもしれませんが、これは紛れもない事実です。

 

初めて読む本でメモの場合は取ってはいけません。 初めて読む本でメモを取ろうとすることは、無意味なばかりか逆効果です。

信じられないかもしれませんが、以下の理由を読めば納得してもらえるはずです。

メモを取り過ぎてしまう

初見の本を読むと、どうしてもメモを多くとりがちになってしまうのが、初めて読む本でメモを取ってはいけない1つ目の理由です。

人は本を読む際に、「情報を受け取り過ぎる」ことよりも「大事な情報を見逃すのではないか」という気持ちの方が強く働きます。

 

初見で内容が把握できていない本をメモしようとすると、本当に重要な部分だけでなく、「もしかしたら大事なのかもしれないという程度の内容」までメモをしようとしてしまいます。

メモの量が多すぎると、メモを取るのが面倒になるばかりか、メモを読み返したときに「本当に重要な内容がどれか」が分からなくなるのです。

読書に集中できない

初めて読む本でメモを取ろうとすると、前述したようについついメモを取り過ぎてしまいます。

 

さらに、メモを取るたびに読書を中断していては、本の内容が頭に入ってきません。

読書の内容が頭に入ってこないうえ、一生懸命とったメモもついつい多く取り過ぎて役に立たない…

 

こんな事態になるくらいなら、初見の本は読書だけに集中した方がどれだけ生産的でしょうか?

2回目以降のメモの取り方

2回目以降、つまり同じ本を再読する際は、積極的にメモを取ることで、前述したメモのメリットを最大限に生かすことができます。

読書内容をメモする際のコツやポイントをお教えします。

メモする内容の上限を決める

初見の本でメモを取ってはいけない理由の1つに、メモを取り過ぎるというのがありました。

しかし、実は2回目以降の読書であっても損をしたくないという気持ちから、メモを取り過ぎてしまうことが多いのです。

 

そこで、メモの取り過ぎを防ぐには「1つの章でメモする内容は1つだけ」といったように、メモの数に上限を設けるのがお勧めです。

必然的に、自分にとってその内容が本当に重要な部分かどうかを吟味するため、より効果の高いメモができるようになります。

メモは単語でとる

メモをする場合は、単語でメモを取る習慣をつけましょう。文章を一字一句ダラダラと書き写すのは意味がありません。

 

メモを単語で取ることで、より素早くメモることができます。

また、メモを見返したときに、その単語から本の内容を思い出す努力をすることで、より本の内容を深く記憶に刻むことができます。

 

人の記憶は、文章を丸ごと覚えているのではなく、1つの単語から「そういえばこの部分は、こんな内容だったな」と全体像を思い出す仕組みになっています。

『単語でメモを取る』→『思い出す作業が必要になる』→『その過程で内容の記憶が強化される』というルートを通ることで読書内容の記憶を維持するのです。

自分の感想を加える

メモをする際に、自分の感想を一言書き加えておくのも、記憶に残すうえで効果的な方法です。

 

本の文章をそのまま書き写す行為は、「著者の言葉」をメモしているだけにすぎません。

しかし、自分がどうしてその部分をメモしたのかという一言を書き加えておくだけで、どんな意図でメモをしたのかが明確になります。

 

例えば同じメモでも「面白いと思った」のか「仕事に使えると思った」のかを書き加えるだけで、より自分の役に立つメモに出来るのです。

読書の際のメモ まとめ

今回は、読書内容を記憶し実践に活かすための「読書メモ」について解説しました。

よく、読書をする際にメモを取ると良いという話はよく聞きますが、「どうやってメモを取るべきなのか」まで教えてくれる人ってなかなかいないですよね。

 

僕はこの読書メモのやり方を実践してから、今まで以上に本の内容が記憶に残りやすくなったと実感しています。

人によって、メモの取り方は様々だと思いますが、読書メモの取り方で困っているなら今回お伝えした方法で一度、読書メモを試してみてはいかがでしょうか?