読書の内容を100%実践に活かすアウトプットの技術を公開!

読書をする際に、よくインプットとアウトプットを大切にしろ!という話をよく聞きますよね。

本を読むということは、知識を吸収するというのは当たり前なので、多くの人がいかに本の内容をインプットするかについては考えていることでしょう。

 

しかし、意外と見落とされがちなのが、本から得た知識やノウハウを実践に活かすためのアウトプットの意識です。

 

そこで、今回は意外と語られていない読書におけるアウトプットの技術をご紹介します。

せっかく読んだ本の内容を実生活に活かすためにも、必ず最後まで読んでください!

読書の前提条件

本を読む際の前提条件は、「何のために読書をするのか」を明確にしておくことです。

自己成長やスキルアップにつなげるための読書(=実読)をする場合は、この目的を忘れてしまうと、本を読む時間が無駄になってしまいます。

 

特に、ビジネス書や自己啓発書などを読む場合は、知識を得ただけでは意味が無くて、それを実際の仕事や生活に取り入れて初めて役に立つ読書と言えるのです。

読書の時間を無駄にしないためにも、本を読み始める前に「何のために読書をするのか」を明確にしておくのは必要最低条件です。

アウトプット前提の読書

読書は本から得た知識やノウハウを、自分の仕事や生活に活かすことに意味があります。

つまり、読書はアウトプット前提で読むのが鉄則です。(楽しむための読書=楽読の場合は例外。)

 

そこで、ここからはアウトプット前提で読書を読むためには、どんな点を意識すればいいのか?という、アウトプットのための読書技法をご紹介します。

何のために読書をするのかを明確にする

最初から最後までじっくり本を読んだのに、読み終わった後にその本の内容を全く思い出せない… こんな経験をしたことはないでしょうか?

その原因は、最初から最後までを漫然と読んでいることにあります。

 

このような無駄な読書をしないために大事なのは、冒頭でもお伝えしましたが、「何のためにこの本を読むのか」という目的意識をしっかりと持つことです。

たいていの人が読書をする際に持つ目的というのは、「現状をより良くする知恵」か「現在の悩みの解決法」を見つける事になるはずです。

 

よって、そこで得た知識はどちらにしても、読書をした後に実践することができる。

つまり、目的を決めた上での読書は、必然的にアウトプットに繋がります。

アウトプットする前提で読む

読書はアウトプット前提であることを意識すると、本から得られる知識の吸収量が圧倒的に高まります。

例えば学校の授業などで、「この内容の理解度を明日テストするぞ!」と言われた場合、一生懸命に内容を覚えようとしますよね。

 

基本的に人は、インプットだけの場合とアウトプットまで必要になる場合では、圧倒的に後者の方が真剣に取り組めるようになっています。

従って、あらかじめ「この内容をどうやって自分の成長に繋げようか?」と考えながら読書をすることで、より効率的に知識の吸収が可能になるのです。

実際にアウトプット先を作る

先ほど、アウトプットするつもりで読書をすることで、知識の吸収率が高められるという話をしました。

しかし、最も効率的な読書をするためには、実際に本で得た内容をアウトプットするのが一番であることは言うまでもありません。

 

そこで、読んだ本の内容を今すぐにアウトプットするための3つの方法をご紹介します。

ブログ

本格的に読書によって得た知識やノウハウをアウトプットしたいのであれば、どんな種類でもいいので、ブログを立ち上げてみてはいかがでしょうか?

 

本で得た内容をブログ記事にするためには、中途半端な理解では出来ません。

つまり、記事を書くという行動を通じて、思考の整理が出来るのです。

 

それに、ブログを続けていると、「その本読んでみます!」とか「そのノウハウいいですね!今度実践してみます!」といった反応をもらえるのも嬉しいですよ!

SNS

ブログだと、結構な文字数を書かなければいけない気がして、ちょっと躊躇してしまう…という人にお勧めなのが、SNSによるアウトプットです。

※SNSとは、ソーシャルネットワークサービスの略で、ツイッターやフェイスブックなどのコミュニケーションツールの総称です。

 

基本的にSNSの投稿は、ブログ記事よりもコンパクトでシンプルになる傾向があります。

例えば、ツイッターなどは140字までしか使えないので、ブログより手軽に投稿できるでしょう。

友達、家族など周りの人に話す

前述した2つの方法に比べて少し手間はかかりますが、知識の定着にはるかに効果的なのが、直接他の人に伝えるアウトプット法です。

 

例えば、友達に最近読んだ本で面白かったりためになった内容を教えてあげてみてください。

自分は本で読んだ内容を口に出すので、より記憶への定着が進みますし、自分の知り合いに直接話した内容は、言ったからにはなんだか実践しないといけない気分になります。

 

さらに、仕事に役立つノウハウなどを、仕事の同僚などに話すことは、あなただけでなく相手にとってもためになります。

自分にとっても相手にとってもメリットのあるアウトプット法なので、是非実践してみてください。

アウトプットの基準

ここまでは、アウトプットの重要性や、実際に読書で得た知識やノウハウをアウトプットする方法についてご紹介しました。

では、具体的にはどれくらいのクオリティでアウトプットをすればいいのでしょうか?

 

そこで最後に、アウトプットのための基準についてお伝えします。

この基準に達しているなら、あなたは自分の役に立つ情報を十分に吸収していると言えるでしょう。

10分程度、語り合えること

僕の場合は、その本の内容に関して相手と10分くらい語り合えるのであれば、十分にその本の内容を理解していると言ってよいと思います。

基本的に、よほど特別な仕事などでもしていない限り、本の内容に関して1時間の講演やセミナーなどをする機会はまずありません。

 

一般的なビジネスマンにおいては、自分の会社の人間や取引先との話の中で、たまに本の話題が出る程度でしょう。

その時に10分程度、その本の内容に関して相手の話についていけるのであれば、十分にアウトプットできているのと言えるので自信を持ってください!

1冊の本から3つのノウハウを抽出

読書に慣れていない人の中には、「本の内容を完璧に覚えていないと意味がない」と思っている人がいます。

しかし、どんなに読書に慣れている人でも、1冊の本の内容を完璧に把握している人は絶対にいません。

 

自分にとって役にたった部分や興味を持った部分を1冊の本から3つ程度吸収できているなら、十分その本を読んだ価値があります。

例えば、ブログに投稿する際にも、1冊の本から3つの項目をピックアップして記事にするだけでもかなりの情報量になります。

読書のアウトプット方法 まとめ

今回は、特にアウトプットのための読書技術を紹介しました。

もちろん、今回は紹介していないインプットに関しても、読書をする上では非常に重要です。

 

しかし、100をインプットして1しかアウトプットしないよりも、50をインプットして10をアウトプットする方が、成長できるのはいうまでもありません。

 

これからは、アウトプットをすることも考えたうえで読書をしてみてください。

1冊から得られる内容の量が圧倒的に増えることに驚きを覚えるでしょうから。