【眼瞼ミオキミア】目の下がピクピクする原因と対処法を紹介!

「パソコンで仕事をしていたら、下まぶたがピクピクし始めた。なにこれ病気!?」

急に目の下が痙攣し始めたら、誰でもギョッとしますよね。実際、僕が初めてこの症状を体験したとき、すごい怖かったです。

 

でも、その症状はしばらくすると治るものなので、安心してください。

目の異常というよりは、眼精疲労などが原因で起こる一時的な症状です。

 

とはいえ、目の下がずっとピクピクしているのはとても気になりますよね。

そこで今回は、そんな下まぶたが痙攣する症状の名前や原因、対処法をご紹介します。

 

ただし、似たような症状でも眼科に掛かる必要がある場合もあるので、ぜひ最後までしっかりと目を通してみてください。

目の下のピクピク、それ「眼瞼ミオキミア」かも

目の下のピクピク、それ「眼瞼ミオキミア」かも

 

目の下がビクピクと痙攣する症状のことを「眼瞼(がんけん)ミオキミア」と言います。(目の上が痙攣する場合もあります。)

 

まぶたが痙攣をしても数分ほどでピクピクは収まりますが、繰り返し発症することが多いです。

通常は数日ほどで症状が治まるため、病院などで治療を受ける必要はないとされています。

 

ただし、似た症状に病院での診察が必要となる「眼瞼痙攣(がんけんけいれん)」という症状もあるので、まぶたのピクピク以外に目の症状がある場合には、眼科を受診するべきでしょう。

眼瞼痙攣については、後ほど詳しく後述します。

目の下がピクピクする原因は?

目の下がピクピクする原因は?

 

目の下のピクピク、つまり眼瞼ミオキミアの原因には、以下のようなものがあります。

 

眼瞼ミオキミアの原因

 

  • 眼精疲労
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • ビタミン不足
  • カフェイン・アルコールの摂取

 

上記のように、眼瞼ミオキミアは直接の目の病気というわけではなく、目の疲れやストレスといった外的な要因によって現れる症状です。

よって、これらの原因を取り除くことで、眼瞼ミオキミアの発症を防ぐことができます。

目の下がピクピクした時の対処法

目の下がピクピクした時の対処法

 

次に、眼瞼ミオキミアが起こった場合の対処法を3つご紹介します。

基本的には前述した『5つの原因』を取り除けば良いので、目を休めたり健康的な食事を摂ることが基本となります。

対処法① 目をしっかり休める

目の下がピクピクした時は、「目を休ませる」ことが最優先です。

とくにパソコンやスマホなど、長時間にわたってデジタル画面を見続ける習慣がある人は、意識的に目を休ませるようにしましょう。

実際、僕もよく目の下がピクピクするのですが、大抵は一日中パソコン作業をしていた時などに起こります。

 

「目を休めるといっても一体どうやって?」という人も多いと思いますが、具体的には、1分ほど目を閉じたり、目の周りを温めるのが効果的です。

また、そもそも眼瞼ミオキミアにならないように、適度にパソコン作業を中断してこまめに目を休ませるのもオススメですよ。

 

どうしても目の疲れが取れない…という人は、ホットアイマスクを使ってみてください。

目の奥が少しずつ”じわっと”ほぐれていく感覚は一度味わうと病みつきになります。笑

めぐりズム蒸気でホットアイマスク 無香料 12枚入を試してみる<クリック>

対処法② 適度な運動を心がける

「目の疲れに運動?」と思うかもしれませんが、適度な運動はストレス解消や睡眠の質の向上につながるため、間接的に眼瞼ミオキミアの対処にオススメの方法です。

 

運動とはいっても、ウォーキング程度の簡単なものでも十分に効果があります。

例えば僕は普段、以下のような運動を意識的に取り入れるようにしています。

 

おすすめズボラ運動

 

  • できるだけ階段を使う
  • 歩く時は少し早足にする
  • 最寄駅の一つ前の駅で降りて、家まで歩く(30分程度)

 

眼瞼(けん)ミオキミアの原因として「ストレス」や「睡眠不足」をあげました。

とはいえ、「ストレスを減らして、睡眠をたくさん取ろう」と言っても、それができたら苦労しないという人が多いのではないでしょうか。

 

その点、上記のような軽い運動なら、最初こそ大変かもしれませんが、自分のちょっとした努力ですぐにでも始めることができますよね。

 

特に目を酷使するデスクワーカーの人は運動不足になりやすいので、眼瞼ミオキミア対策はもちろん、健康全般のためにも適度な運動を意識的に行いましょう。

対処法③ 健康的な食事を摂る

目の疲労を回復するには、適度に栄養のある食事を摂ることも大切です。

特に疲れ目には、以下のようなビタミン(食材)が効果的ですよ。

 

目の疲れに効く栄養と食材

 

  • ビタミンA:豚、鶏レバー、うなぎ、など。
  • ビタミンB1:豚、魚、豆類、など。
  • ビタミンB2:魚介類、レバー、酵母、藻類、など。

 

ただし、いちいち「このビタミンが取れる食材は?」などを考えながら食事をするのも面倒かと思います。

なので、せめて肉・魚・野菜などバランスの良い食事をするようにして見てはいかがでしょうか?

 

また、少なくとも目の周りがピクピクした時は、カフェイン・アルコールを控えるようにしましょう。

似た症状に眼瞼痙攣(がんけんけいれん)がある

似た症状に眼瞼痙攣(がんけんけいれん)がある

 

症状がまぶたのピクピクだけなら良いのですが、「目が開けづらい」「まぶしい」などの症状が見られる場合は、「眼瞼痙攣(がんけんけいれん)」かもしれません。

ミオキミアと違い、眼瞼痙攣は治療が必要とされているので、心当たりがある場合には早めに眼科に行きましょう。

 

また、ミオキミアの場合は通常、数日で症状が収まります。

なので、2週間以上にわたって症状が続く場合にも眼科に掛かるのが良いでしょう。

まずは目を休ませる。長引く場合は病院へ

まずは目を休ませる。長引く場合は病院へ

 

今回は、目の下がピクピクする症状の正体、「眼瞼(がんけん)ミオキミア」についてご紹介しました。

 

ここだけの話、実は記事を書いている今現在、僕の左目の下がピクピクしてるんですよね…。今日は一日中、パソコン作業をしていたので、おそらく眼精疲労が原因かと思います。

というわけで、この記事を書き終えたら、記事内で紹介したように目を温めるなどしてしっかりと”休眼”しますね。笑

 

初めて目の下がピクピクした時はびっくりしますが、眼瞼ミオキミアであればそのうち自然と収まるので安心してください。

ただし、記事内でもお伝えしたように、まぶたの痙攣以外の症状もある場合は、早めに眼科に行くことを強くお勧めします。

参考

本記事は、医療に関する内容を含むため、以下のサイトを参考にさせていただきました。この場を借りて、御礼申し上げます。