寝不足で吐き気を感じたら要注意!?今すぐできる対策3選

この記事では、寝不足によって吐き気が起こる原因やその対処法について解説します。

 

特に、吐き気だけに収まらず、実際に嘔吐してしまうという人は要注意!

寝不足がかなり深刻で、心身に大きな負担がかかっている可能性大です。

 

たかが吐き気と侮らず、今すぐにこの記事に書いてある方法を試して、健康的な生活を取り戻しましょう。

なぜ、寝不足になると吐き気を感じるのか?

なぜ寝不足の状態が続くと、吐き気を感じるのか。そのメカニズムを解説します。

少し難しい話になってしまいますが、できるだけ専門知識がなくても理解できるように解説するので、頑張ってついてきてください!

寝不足による吐き気は体からのSOSサイン

私たちは普段、心身の疲れやストレスを「睡眠」によって取り除いています。

しかし、寝不足の日々が続くと、疲れやストレスが適切に処理できず、徐々に蓄積されてしまうのです。

 

すると、体がこのままではやばい!と感じて、「ちゃんと休んでください」というサインを発するようになる。

これが、寝不足によって『吐き気』を感じるメカニズムです。

 

つまり、寝不足による吐き気は体からの『SOSサイン」なので、いち早く気づいて適切な対処を行う必要があります。

寝不足による吐き気を和らげる3つの対策

もちろん、寝不足による吐き気を解消する一番の方法は、「しっかりと睡眠をとること」です。

とはいえ、現実問題としてなかなかそれが出来ないから悩んでいるわけですよね。

 

なので、ここではより簡単に実践できる吐き気対策を3つご紹介します。

昼寝を取る

仕事が忙しくて、どうしても睡眠時間を確保できないという人もいるはずです。

そんな人にオススメなのが、15分程度の昼寝を取ること。

 

たかが15分程度と思うかもしれませんが、昼寝には夜の3時間分の睡眠に匹敵するという研究もあるのです。

 

吐き気を抱えたまま仕事をするか、15分を昼寝に当てて最高のパフォーマンスで仕事に復帰するか。

どちらの方が、生産性高く仕事ができるかは言うまでもないですよね!

胃に優しい食事を心がける

寝不足で吐き気を感じる時は、食事に注意を払いましょう。

ただでさえ吐き気を感じる時に、胃に負担をかけるような食事は絶対に避ける必要があります。

 

例えば、暴飲暴食や刺激の強い食べ物は、体にさらに大きな負担をかけ、より強い吐き気を感じる原因になります。

「最近、寝不足が続いているな」と感じる人は、腹八分に抑えたり、消化に良いものを食べるようにしましょう。

ツボ押し

即効性のある吐き気対策として、「ツボ押し」という方法があります。

吐き気を感じた時は、以下の画像のように「内関(ないかん)」というツボを押してみましょう。

手首の2つの腱の間を押します。場所は、手のひらのつけてから指3つ分のところです。

(引用:ライフハッカー

根本的な解決策にはなりませんが、今すぐになんとかしたい吐き気への対策として、覚えておきたいツボですね!

寝不足で吐き気を感じた際の対策 まとめ

今回は、寝不足で吐き気を感じる原因やその対処法についてご紹介しました。

 

実は、吐き気を感じるほどの寝不足というのは、体にかなりの負担がかかっている状態です。

今のままのライフスタイルを続けていると、うつ病や自律神経失調症など、さらに大きな病気になってしまう可能性もあります。

 

そのような事態にならないためにも、この機会に自分の睡眠やライフスタイルを見直してみませんか?