マルチタスクで生産効率が40%減少!?科学が証明した同時並行の罠

マルチタスクとは、同時に2つ以上の仕事を並行してこなすやり方のことを言います。

同時並行で仕事を進めるため、一見すると効率の良い働き方のように思えます。 実際、会社の求人でも「マルチタスクが出来る人優遇」という言葉をよく見かけます。

 

しかし、最近の科学研究によって、どうやらマルチタスクは「仕事ができるように見えるだけ」で、実際は逆に仕事の効率が落ちることが証明されています。

 

そこで今回は、科学が明らかにした「マルチタスクの弊害」について解説します。

 

マルチタスク信者にとっては信じられず、受け入れがたい内容だと思います。しかし、本気で仕事効率を高めたいなら、そろそろ現実を見つめるタイミングなのです。

マルチタスクは最悪の仕事術である

マルチタスクが出来る人は客観的にみると、効率よく仕事をこなす人のように映ります。

また、自分自身も効率よく仕事をこなしているという充実感を感じることができます。

 

しかし、スタンフォード大学の研究チームやマイクロソフトリサーチの研究によって、マルチタスクは仕事効率を高めるどころか、かえって生産性を下げることが分かってきたのです。

具体的にどのような研究結果によって、どれくらい生産性が下がるのかを見ていくことにしましょう。

マルチタスクは”存在しない”ことが判明!

マルチタスクを対象とした研究で有名なものに、スタンフォード大学の研究者、クリフォード・ナス教授が行ったものがあります。

この研究によって、別々の仕事を同時に行う際、人は脳の中の2つの領域を頻繁に切り替えて『あたかも同時並行で処理しているように働いている』ことを突き止めました。

 

つまり、同時に物事を処理するマルチタスクは人間には機能的に不可能であり、正確にはタスク・スイッチング(脳領域の高速切り替え)をしているという事になります。

この研究から分かることは、人はマルチタスクが出来ない構造になっている。マルチタスクというメカニズムは厳密には存在しないという事です。

科学が解き明かしたマルチタスクの非効率性

マルチタスクに関するもう1つの研究を紹介します。

この研究は、マイクロソフトの基礎研究機関、「マイクロソフトリサーチ」によって行われました。

 

マイクロソフトリサーチが発表した論文によると、マルチタスクによって集中力が40%減少するという研究結果が出ています。

 

これは、徹夜明けのパフォーマンスと同程度の集中力とされています。

単純計算、マルチタスクをすることで、1時間で終わる仕事に84分かかるという事になります。

参考論文:『A Diary Study of Task Switching and Interruptions

マルチタスクしても問題ない仕事の組み合わせもある

ここまでの話を読んで、マルチタスクが生産性を落とすという研究が複数あるという事を理解してもらえたと思います。

 

しかし、中には生産性を落とさずに同時並行でこなせる仕事と言うものも存在します。

その条件は、「意識を使わないで出来る仕事と並行する場合」です。

 

例えば、音楽を聴きながら仕事をする場合、音楽は意識せずに聞くことができるため、生産性を落とすことなく並行することができます。

とはいえ、つい音楽の方に聞き入ってしまったり、歌が入っている音楽では、生産性が下がることは目に見えています。

 

同時並行で仕事を進める場合は、どちらか1つの仕事に100%集中力を割ける状況でなければ、生産性がガクッと落ちることは意識しておくべきでしょう。

マルチタスクに取って代わる「シングルタスク」仕事術

ここまで読んでくれたあなたには、「今後一切マルチタスクはしない!」と心に誓っていただきたいと思っています。

そして、マルチタスクに変わる『本当に効率を高める仕事術』を身に付けて欲しいのです。

 

その新しい仕事術が「シングルタスク」。仕事を同時並行でこなすのではなく、1つの仕事に集中していく方法です。

シングルタスクのメリットや、具体的なやり方については、以下の記事で詳しく解説しています。

マルチタスクと仕事効率 まとめ

今回は、一見効率的に思える『マルチタスク仕事術』の落とし穴についてご紹介しました。

 

今の時代にマルチタスクを自慢している人は、自ら「自分は仕事ができない人間です」と宣言しているようなものです。

仕事をしているアピールをしたい人は、このままマルチタスクで仕事を続けた方が満たされるでしょう。

 

ただし、本当の意味で生産性を高めたいなら、マルチタスクは百害あって一利なしです。

『目の前のことだけに集中する』という意識を徹底することが、生産性の向上につながります。