寝不足の時に起こる「ジワジワ」とした頭痛の対処法

この記事では、寝不足によって「ジワジワ」とした頭痛を感じたときの対処法についてご紹介します。

 

鈍い頭痛を抱えていては、決して生産性の高い仕事はできません。

あなたのパフォーマンスを最大にするためにも、この記事を読んで「ジワジワ」とした頭痛から解放されましょう!

寝不足の時に起こる「ジワジワ」とした頭痛の正体とは?

寝不足の日々が続くと、頭がジワジワと締め付けられるような頭痛を感じることがあります

実は、一言で頭痛といってもいくつか種類があり、このような「ジワジワ」とした頭痛のことを「緊張性頭痛」と言います。

まずは、緊張性頭痛の症状や特徴を見ていくことにしましょう。

緊張型頭痛の特徴

緊張型頭痛は、頭全体をじわじわと締め付けるような痛みが特徴で、鈍い痛みが30分〜1週間程度続きます。

頭痛以外の症状として、ふわふわとしためまいや首・肩のコリを伴うことがありますが、吐き気はみられません。

 

緊張性頭痛の場合、頭を動かすことで痛みが軽くなるため、ストレッチやマッサージを行ったり、シャワーなどで頭の周りを温めると良いでしょう。

 

総じて、

  • 継続的に「ジワジワ」とした痛みを感じる
  • 頭を動かすと痛みが和らぐ
  • めまいや首・肩のコリを感じる
  • ストレッチをしたり、頭の周りを温めると良い

    のような特徴に心当たりがあれば、「緊張性頭痛」である可能性が高いと言えます。

    なぜ、寝不足だと緊張性頭痛が起こるのか?

    緊張性頭痛の主な原因は、心身のストレスが原因とされています。

    寝不足で心と体を十分に休ませることができないと、いつまでもストレスを抱え続けることになってしまいます。

     

    ストレスを抱え続けると、体が慢性的な緊張状態になって血流が悪くなります。その過程で筋肉の中に溜まった老廃物が周りの神経を刺激して頭痛を引き起こす。

    これが、寝不足によって「緊張性頭痛」が引き起こされるメカニズムです。

    寝不足による緊張性頭痛を解消するには?

    では、このような寝不足による緊張性頭痛を解消するには、どうすればいいのでしょうか?

    いうまでもなく、最善の手段はしっかりと睡眠時間を確保することです。とは言え、それができたら苦労しないですよね。

    なので、ここではもっと簡単に緊張性頭痛を解消できる方法をご紹介します。

    簡単なストレッチ

    前述したように、緊張性頭痛はストレスによって血流が悪くなることが原因で起こります。

    そのため、簡単なストレッチで体の緊張をほぐし、血流をよくすることで自然と頭痛を解消することができるようになります。

     

    特に、デスクワークなどで1日中同じ姿勢で仕事をしている人は、慢性的に血流が悪くなっている可能性が高いです

    仕事中でも定期的に体を伸ばしたり、立ち歩くなどをして、日頃から血流の巡りをスムーズにする習慣を持つと良いでしょう。

    オススメは、首を上下左右に倒したり、ゆっくりと首をぐるりと回転させるストレッチです。

    首回りを温める

    お風呂に入ったり、蒸しタオルを使って、首回りを温めてあげるのも、緊張性頭痛を解消するとても良い方法です。

    首回りは血管が集中しているため、その部分を温めてあげることで、体全体の血流をよくすることができます。

    特に冬などの寒い季節は、どうしても血流が悪くなり頭痛が起こりやすくなるため、意識的に体を温めて血流を促しましょう。

    寝不足の時に起こる「ジワジワ」とした頭痛の対処法 まとめ

    今回は、寝不足の時に起こる「ジワジワ」とした頭痛のメカニズムや対処法についてご紹介しました。

    ちなみに、「ジワジワ」とした痛み以外の頭痛を感じる場合は、それぞれ症状に合わせて以下の記事を読むことで、痛みを和らげることができます。

     

    関連記事:寝不足で「ズキズキ」とした頭痛を感じたときの対処法

    関連記事:寝不足で「きりで刺された」ような頭痛を感じたときの対処法

    ※近日執筆予定

     

    この記事を読んで、あなたを悩ませる頭痛を緩和できればとても嬉しいです。