習慣化のタイプは3つだけ。習得期間の目安も紹介します!

この記事では、意外と知られていない『習慣化の3つのタイプ』についてご紹介します。

 

僕は最近、心理学の勉強をもう一度やり直しているんですが、こういった勉強とかを継続する際に大事なのが『習慣化』することです。

でも、「習慣化って苦手で…」という人はとても多いですよね。もしかしたら、あなたもこれまでに習慣化に挫折した経験があるのではないでしょうか?

 

このタイプを知っておくだけでもかなり習慣化の成功率は高くなるので、ぜひ最後まで読んで見てください!

習慣には3つのタイプがある

一言で『習慣化』と言っても、実は3つのタイプがあることを知っていましたか?

このタイプによって、習慣を身につけるまでの期間や難易度が大きく変わるので、何か新しく身に付けたい習慣がある人はしっかりと押さえておきましょう。

 

習慣化には大きく分けて

  • 行動習慣
  • 身体習慣
  • 思考習慣

という3つのタイプがあります。

 

ここからは、それぞれの習慣の特徴や、習慣化するまでの目安などを解説していきます。

行動習慣

行動習慣に当たるのは、ブログの執筆、勉強、日記をつける、といった習慣です。

なんらかの『作業に関連する習慣化』とイメージすると覚えやすいかと思います。

行動習慣は比較的、習慣化がしやすいタイプで、約1ヶ月ほどで無意識的に行動ができるようになります。

身体習慣

身体習慣は文字通り、運動やダイエット、早起きなどの、身体に関わる習慣のことを言います。

前述した行動習慣に比べて、身体を習慣に慣れさせるには時間がかかるため、身体習慣を身につけるには約3ヶ月かかるとされています。

 

身体習慣は無理に習慣化しようとしても身体が順応できず、途中で挫折する可能性が高くなります。

そのため、例えば腕立て伏せの習慣化を目指すなら、最初は1日3回でOKのように、負荷の少ないところから始めていくのがコツです。

思考習慣

思考習慣は、ポジティブシンキングやマインドセット、論理的思考力のような、『思考』に関わる習慣が該当します。

 

これらの思考はある意味、自分のアイデンティティに深く接するものであるため、それを変えるのはかなりの期間を要します。

具体的には、思考習慣を身につけるには、約半年かかると言われています。

行動習慣を身につける方法

行動習慣は数ある習慣の中でも、比較的身に付けやすい習慣のタイプです。

とはいえ、一度にあれもこれも習慣化しようとしてもうまくいきません。

 

まずは、最優先で身に付けたい習慣を1つに絞り、その行動を30日間続けることに専念しましょう。

 

また、何か一つでも習慣化に成功すると、自分に自信が持てるようになり、結果としてそのほかの習慣化も成功しやすくなります。

まず行動習慣で習慣化への自信をつけてから、後述する身体習慣・思考習慣の習慣化に挑戦するのがオススメです。

身体習慣を身につける方法

身体習慣は、行動習慣よりも身につけるのに長い期間を必要とします。(90日が目安)

 

習慣化までの期間が長くなると、どうしてもサボりたくなったり、仕事の関係で習慣化のための行動ができない時も出てきます。

でも実は、習慣化のための行動は1〜2日サボったところで、そのあとまた再開できれば、習慣化にそこまで大きな支障はないことがわかっています。

 

たまには習慣化のための行動ができないこともあるでしょう。

そんなときに、「あー、またサボってしまった」と自己嫌悪に陥るか、それとも「今日はできなかったけど、また明日から頑張ろう!」と前向きに捉えるか。

 

この小さな考え方の違いが、身体習慣を身に付けられるかどうかに大きな影響を与えるのです。

思考習慣を身につける方法

思考習慣ともなると、自分のアイデンティティと密接につながっているため、なかなか身につけることはできません。

ネガティブ気質な人が、無理に「ポジティブになろう」と頑張っても、途中でしんどくなってしまうのが容易に想像できますよね。

 

でも実は、思考習慣がいつの間にか身につけられる裏技があるんです。

それは、行動習慣や身体習慣から、自分のライフスタイルを変えるということ。

 

例えば、ネガティブ気質な人でも、毎日筋トレを習慣にして筋肉が付き始めたら、自然と思考もポジティブになるような気がしてきませんか?(身体習慣)

もしくは、毎日1時間の勉強が習慣になったら、自分に自信が持てるような気がしませんか?

 

このように思考習慣は、思考自体を変えようとするのではなく、その他の習慣を身につけることで、気づいたら変わっている場合が多いのです。

なので、思考の習慣を変えたい人ほど、それ以外の習慣に目を向けてみると良いでしょう。

習慣化の3つのタイプ まとめ

今回は、意外と知られていない『習慣化の3つのタイプ』をご紹介しました。

 

習慣化のタイプ

行動習慣;ブログの執筆、勉強など。(1ヶ月が目安)

身体習慣:運動やダイエット、早起きなど(習得目安は3ヶ月が目安)

思考習慣:ポジティブ思考、論理的思考など(習得目安は半年が目安)

 

今回の記事を参考に、自分が目指している習慣化がどのタイプに属するのかを知っておくだけでも、精神的な不安感はだいぶ解消されるのではないでしょうか?

たとえば、行動習慣なら「とりあえず1ヶ月頑張ろう!」という明確なゴールができるわけですから。

 

今日をきっかけに、あなたもこれまで挫折して放置していた『習慣』を身に付けてみませんか?

まずは、それがどの習慣のタイプに属するかというところから、考えて見てください!