【速読の基礎】1冊30分で読破する3つのステップ

読書の話題になると必ず出るのが「速読」の話です。

本を早く読むことで、より短時間に多くの知識を吸収することができるのは魅力的ですね。

 

ところが、世の中で語られている速読については、残念なことにいくつかの落とし穴があります。

これだけ多くの速読術のノウハウが飛び交っているのに、なぜ速読を身に付けられない人が多いのでしょうか?

 

そこでこの記事では、普段から僕が実践している『速読の正しいノウハウ』をご紹介します。

今回紹介するポイントさえ押さえれば、あなたも15〜30分で1冊の本を読破できるようになるので、最後まで読んでみてください!

速読は早く読む技術ではない

速読についてまず伝えたいのは、速読は本を早く読む技術ではないという点です。

速読術を身につけさえすれば本を早く読めるようになると思っている人からしたら、受け入れがたい考え方でしょう。

 

しかし、あえて繰り返します。

速読は本を早く読む技術ではありません。

 

速読とは「本の中から自分にとって必要な情報を素早く見つけるためのスキル」なのです。

そもそもの読書の目的

本を何時間もかけてようやく読み切ったのに、振り返ってみると内容を何一つ思い出せない。

あなたもこのような経験があるのではないでしょうか?

 

せっかく本を読んだのに内容を覚えていなければ、それは時間の無駄でしかありません。

つまり、本はいかに速く読むかではなく、どれだけ内容を吸収できるかの方がはるかに重要なのです。

 

本を読む際に最も大事なのは、時間がかかってもいいから内容をしっかり覚えられるような読み方をすること。

それが出来て初めて、本を読むスピードを速くすることに焦点を当てるのが正しい読書の順序なのです。

1冊30分で本を読めるようになる速読の基礎、3つのポイント

さて、読書をする際には速読よりも本の内容をしっかりと理解することに力を入れるべきという話をしました。

 

とは言っても、「速読ができたらいいな」と思う気持ちもわかります。

もちろん、速読ができるようになれば、今まで以上のスピードで本を読み、圧倒的な知識を吸収できるようになります。

 

そこで、いつも僕が本を読む際に実践している「速読の基礎、3つのポイント」をご紹介します。

このポイントさえ押さえれば、かなり速いスピードで本を読めるようになりますよ。

1、本は全て読む必要はない

読書に慣れていない人は、まず間違いなく本の1ページ目=最初から読み始めようとします。

本を早く読もうと思ったら、まずはこの「学校で習った悪しき本の読み方」は今すぐに捨てるべきです。

 

もちろん、ミステリーや娯楽小説などのストーリーを楽しむために本を読むのであれば、1ページ目から読み始めるべきでしょう。

 

しかし、知識やノウハウを蓄えるために本を読む場合は、最初から読んではいけません。

なぜなら、そのような知識習得のための読書の目的は、本を読み通す頃ではなく、自分に必要な知識を吸収することだからです。

 

逆に言えば、自分にとって不必要な部分はどんどん読み飛ばしてしまった方が、よりスピーディーに目的に適った読書ができるのです。

2、目的を決めてから本を読む

自分に必要な知識を得る目的で本を読む際は、当然その本からどのような知識を得たいかを意識しなければなりません。

つまり、この本からどんな知識を得たいのかという”目的”を最初に決める必要があるのです。

 

例えば、「時間をうまく使う方法を知りたい」という目的でビジネス書を読むのであれば、それ以外の内容は全て読み飛ばすのが正解となります。

 

もしも別の内容を知りたくなった場合には、その新しい内容を目的にして、もう一度同じ本を、別の視点で読み進めれば良いのです。

3、速読のコツは目次にあり

速読を語るどのような本にも書いてあることですが、目次には必ず目を通しましょう。

 

前述した読書の目的をしっかり定めた上で、その内容が本のどこらへんに書いてあるのかを目次から推測します。

そして、その内容に近い部分にいきなりワープして、そこから読み始めることで最短で自分の知りたい知識を学ぶことができるのです。

 

さらに、目次で全体像を把握してから本を読み進めた方が、全体的にどんなことが書いてあるのかについても素早く理解することができるので、内容が記憶に残りやすいという利点もあります。

速読の極意はたくさん本を読むこと

今回は速読のノウハウの中でも、最も基本的であり重要なポイントについてご紹介しました。

前述した3つのポイントを意識するだけでも、今までの何倍も早く本を読めるようになります。

 

とはいえ、いくら理論だけを知ったところで、今この瞬間から速読ができるようになることはありません。

例えば、読書に慣れていないと、自分にとって必要のない部分は読み飛ばしましょうと言われても、その部分を見極められないでしょう。

 

結局のところ、速読を身に付けるためには、たくさんの本を正しい方法で読み、経験値を増やすのが一番です。

ぜひ、今から本を1冊手にとって、今回紹介した3つのポイントを意識しながら、速読の”感覚”を味わってみてくださいね。