【今すぐ使える】クリックされる記事タイトルの作り方を解説!

どんなに良い文章を書いても、どんなにためになる内容を書いても、記事タイトルがつまらなければその記事は誰にも読んでもらえません。

この点で記事タイトルは、記事の最重要要素といえます。

そこでこの記事では、ライティング初心者でも簡単に「クリックされる記事タイトル」が作れるようになる秘訣を紹介します。

「具体的にする」「読者にとってのメリットをいれる」といった小手先のテクニックよりも本質的なノウハウなので、ぜひ最後まで読んでみてください。

なぜ1つしか記事タイトルを考えないのか?

質問です。あなたは普段、一つの記事タイトルを作る際に、何個の記事タイトルを考えますか?

ほとんどの人は「100点満点のたった一つの記事タイトル」だけを生み出そうとしているのではないでしょうか。

しかし、一発で完璧な記事タイトルを作ることは、プロのライターであっても簡単ではありません。

そこでおすすめなのが「完璧な1つの記事タイトル」の代わりに「それなりに優れた10個の記事タイトル」を作るという考え方です。

【提案】1つの記事につき、タイトルを10個考える

この記事の結論でもあるのですが、「1つの記事に対してタイトル候補を10個作ろう」というのが僕の提案です。

ちなみに今回の記事タイトルについても、10個ほど候補となる仮タイトルを作成しました。

この記事のタイトル案
  • 【開催】記事タイトルのバトルロワイヤル
  • コピーライターが教える「クリックされる記事タイトル」の作り方
  • 30個の記事タイトルノウハウより効果的な1つの裏技
  • 【暴露】読者を洗脳して、強制的にクリックさせる記事タイトルの作り方
  • 【初心者必見】クリックされる記事タイトルを作るたった一つの秘訣
  • 【今すぐ使える】クリックされる記事タイトルの作り方(←今回の採用)
  • なぜ1つしか記事タイトルを考えないの?
  • クリック率を10倍高める記事タイトルの作成方法
  • ワンポイントで記事のクリック率が爆増するタイトル作成術
  • 初心者の記事でも読まれるようになる記事タイトルの作り方

いきなり一番優れた記事タイトルを作るのは難しいものです。

しかし、このように複数の候補を出してから「この中で一番クリックされそうなのは…」と考えると、一つくらいは良いアイデアが出るんですよね。

非常におすすめな方法なので、ぜひ次に書く記事から試してみてください!

ちなみに、記事タイトル案を10個というのはあくまで目安です。

もっとたくさんのアイデアが思いつく人は、思いつく限りアイデアを出してみてください。数が多ければ多いほどより良い記事タイトルを思いつくでしょう。

逆にどうしても10個もアイデアが出ないという人は、5個くらいでも構いません。それでも1つしか記事タイトルを考えない時に比べると、はるかに魅力的な記事タイトルが浮かぶはずですよ。

記事タイトル案を複数作る3つのメリット

ここからは、記事タイトル案を複数作るメリットを3つご紹介します。

記事タイトル案を複数作る3つのメリット
  • 微妙なアイデアもどんどん出していける
  • 記事タイトルのレパートリーが増える
  • 記事タイトルの最終決定が楽になる

微妙なアイデアもどんどん出していける

いまいちな記事タイトルは最終決定の際に省けば良いと考えられるようになると、頭に浮かんだ「微妙な記事タイトル」も、とりあえず候補として残しておけるようになります。

アイデアは考えるだけでは出てきません。あなたも、紙などに思いついたことを片っぱしから書き殴る中で「良いアイデア」に出会えたという経験があるのではないでしょうか?

つまり、微妙な記事タイトルでもいいので、とりあえず書き出すという行為が、脳を刺激し、より優れた記事タイトルを生み出すトリガーになるのです。

記事タイトルのレパートリーが増える

記事タイトルと一言で言っても、そこにはさまざまなテクニックが隠されています。ざっと有名なテクニックをあげてみましょう。

記事タイトルの代表的なテクニック
  • 読者ターゲットの悩みを書き出す(例:〇〇でお悩みの方へ!)
  • 数字を入れて、具体的にする(例:ライティングの勉強におすすめの本3選)
  • 【】を使って、視覚的に注目させる(例:【ブログ初心者必見!】)
  • 効果的なキャッチコピーを使う(例:完全保存版〜)
  • ベネフィットを伝える(例:30秒で肩こり解消!)

などなど…

このように様々なテクニックが存在しますが、一つの記事タイトルにこれら全てを組み込むのは不可能です。(文字数を気にしなければいけるかもしれませんが…)

しかし、1つの記事に複数のタイトルを考えるとなると「テクニックAを使ったタイトル」「テクニックBを使ったタイトル」のように、1記事でたくさんの記事タイトルのレパートリーを作ることになります。

その結果、記事タイトルを作る際の引き出しが増えて、よりクリックされやすい記事タイトルを作るスキルが磨かれていくのです。

記事タイトルの最終決定が楽になる

複数の記事タイトルを作ることで「タイトルAよりは、タイトルBの方がいいな」という判断基準ができます。

やってみると分かりますが、1つの記事に対し10個のタイトルを出すのは意外と大変です。自分の中のアイデアをほとんど出し尽くすことになるでしょう。

その中のベストということは、他にどう頑張ってもそれ以上のタイトルを作ることはできないということでもあります。

つまり、その記事タイトルはあなたの中での「ベスト」ということです。自信を持って採用しましょう。

まとめ:【今すぐ使える】クリックされる記事タイトルの作り方を解説!

今回はクリックされる記事タイトルの作り方というテーマで解説をしました。

ライティングのノウハウとしてのタイトル作成も大事ですが、今回のような「考え方」を変えた方が、より多くの人にクリックしてもらえる記事タイトルが作れるようになるでしょう。

冒頭でもお伝えしたように、どんなに良い記事も記事タイトルがつまらなければ、誰にも読んでもらえません。

せっかく頑張って書いた記事を一人でも多くの人に読んでもらうためにも、今回紹介した方法を用いて「クリックされる記事タイトル」を作ってみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です